2003年から続く、弊社のフラグシップコースです。PMP一発合格を目指します。

現在は、対面ではなく、zoom、slack、google classroomなどを使って、リモートで提供しています。2021年〜2022年4月にかけて、全面的に再設計しました。合計35時間、合格に必要なプロジェクトマネジメントの知識を習得します。5時間×7日間、結構ハードなコースです。
受講後は、ほぼ毎週月曜夜に開催される勉強会で、学習ペースを維持できます。

Day1Day2Day3Day4Day5Day6Day7
2022年
8月19(金)
1300−1800
2022年
8月26日(金)
1300−1800
2022年
8月27日(土)
1300−1800
2022年
9月2日(金)
1300−1800
2022年
9月3日(土)
1300−1800
2022年
9月9日(金)
1300−1800
2022年
9月16日(金)
1300−1800

セミナー概要

開催日時2022年8月19日(金)26日(金)27日(土)9月2日(金)3日(土)9日(金)16日(金)合計35時間 1300−1800 さらに、ほぼ毎週開催勉強会(自由参加・月曜19時〜)
申込締切2022年8月15日23:59まで
参加費132,000円(税込み)(現在、20%OFF実施中。お支払いはPayPalをご利用ください)
定員10名
受講方法zoomによるライブ配信
(zoomが利用できるPCなどが必要です。PC+タブレットなどが快適でしょう。また、zoomのURL連絡や資料配付などは、Slack+OneDriveで行います。練習問題は、GoogleClassroomを使います。)
今後の予定調整中です。
※弊社のコースを受講される方全員に、メールマガジンを送付しています。届いたメールから、いつでも購読中止が可能です。よろしければ、是非、ご購読ください。宜しくお願い致します。

概要

 弊社試験対策系講座の、フラッグシップコースです。20年以上に渡り、ブラッシュアップし続けています。
 2021年以降の、PMP®受験に必要な全てを網羅しています。ある程度予習をしておけば、誰でも受講可能です。PMIが発行する、「PMP® Examination Content Outline(E.C.O.)」、「アジャイル実務ガイド」、「PMBOK®GUIDE(第六版、第七版)」に準拠しています。PMBOK® GUIDEは、現在のPMP試験では、直接出題されなくなりましたが、プロジェクトマネジメントの基礎的な理解のため、知識エリアを横断的に理解するために使用します。PMP® E.C.O.は、試験の定義書です。アジャイル実務ガイドが、現在の出題の中心となっています。
 全ての用語を実務で使える形で、解説します。
 PMP®資格保有講師が、PMP®試験合格に必要な知識とともに、解答のコツを伝授します。
 サードパーティーとして、PMP®試験受験資格である事前学習時間の35時間分にあたる学習証明書を発行いたします。
 合格を保証する講座ではありませんが、合格するまではSlackやメールで質問をお受けし、サポートします。再受講も無料です。本コースに参加された方は、毎週月曜の勉強会に、参加することができます!

こんなことが学べます

プロジェクトマネジメントの全体像を理解できる

とても幅の広い、プロジェクトマネジメントの世界を理解することができます。
PMP試験は問題は難しくは無いのですが、試験全体は、なかなかハードです。理由は、範囲が広いこと、広い知識を前提として「あなたは次に何をするか」を問われるため、です。

業界に依存しない知識を得る事が出来る

弊社のコースは、特定業界に依存しません。私自身が、建設、IT、電力、製造など、様々な分野で仕事をしてきました。受講される方も、製薬業界、クリエイティブな業界、ソフトウエア業界など、色々な業界の方が参加しています。

正解を選ぶ方法を知る事が出来る

PMP試験で、どの選択肢が正解か、を、選べるようになります。現在の出題形式は、シチュエーショナル問題(この状況で、あなたは次に何をするか、を問われる)。これはテクニックですが、しかし、PMP試験で我々に与えられた試練を乗り越える正しい方法でもあります。

対象となる方

  • PMP受験に必要な実務経験をお持ちの方(PMP試験についての詳細は、米国PMI本部でご確認下さい。簡単な合格までの流れは、こちらで説明しています)。不安な方は、是非、説明会にご参加下さい!

タイムスケジュール

1日目イントロダクション(PMP®試験の概要、合格までの学習方法)、プロジェクトマネジメント10のステップ
2日目PMBOK®ガイド第七版解説
3日目PMBOK®ガイド第六版解説
4日目アジャイル実務ガイド解説1
5日目アジャイル実務ガイド解説2
6日目PMP® Examination Content Outline解説
7日目正解を選ぶ技術 練習問題解説120問
*構成内容や開始と終了時間に変更が出る可能性があります。

講師紹介

野村 隆昌, PMP, PMI-ACP

のむら たかまさ

有限会社システムマネジメントアンドコントロール

プロフィール

1970年群馬県沼田市生まれ。93年、秋田大学鉱山学部土木工学科を卒業、鹿島建設入社。後に退社し、紆余曲折を経て、2001年有限会社システムマネジメントアンドコントロールを設立、以来、プロジェクトマネジメントのトレーニングと新規事業開発支援を提供。2003年PMPを取得、同年からPMP試験対策講座を提供し、現在まで5000名以上が受講。

新規事業支援は主に電力会社系(IT、製造)。人材育成しながら、風土がかわり、自然と事業が芽生える形のコンサルティングを提供。

社会人になってから開発した社内外への新規事業開発は100以上(社内向けは組織開発・変革)。

今年のテーマは「変化を導く人を作る」。

セミナー参加の流れ

  • お申し込み頂いた方全員を、Slackに招待します。以後、テキストの配布、当日のZOOM告知など、全てSlack上で行います。
  • 開催当日、概ね開始15分前(1245)までに、zoomのリンクをSlackでお知らせします。zoomは、原則顔出しとしますが、会社のルールや環境などで顔出しが難しい方は、顔出ししなくても問題ありません。音声は、必須です。
  • 全て受講し、かつ、練習問題120問に取り組まれた方に、受講証明書を発行します。
  • ほぼ毎週月曜日19時から勉強会を開催しています。勉強会の告知も、Slackで行います。
  • 合格された方は、是非、お知らせ下さい!

注意事項:参加前にご確認ください

  • 開催3日前となりましたらキャンセル料金100%が発生いたします。日程変更可能ですが、入金後、1年以内に必ず受講してください。
  • コースはなるべく動画を残し、復習できるようにしています(機器の問題などで収録できないこともあります)。
  • 一度受講頂ければ、再受講は無料です(開催している限り、数年後でも無料です)。

★講師からひとこと

 野村です。PMP®試験は、2021年1月から、全く新しい試験となりました。その変更に対応すべく、テキストの設計、講義内容を刷新しました。では、どのように変わったか。合格者の皆さんからのフィードバックを元に、簡単に説明しましょう。まず第一に、PMBOK®ガイドの位置づけが変わりました。もちろん、ガイドは基礎知識として必要なのですが、今までのような、詳細なプロセスの理解は不要となりました。但し、基本的な用語は、つながりも含めて正確に理解している必要があります。かつてPMP®を取得された方向けに言うならば「もはやPMBOK®ガイドはPMP®合格のバイブルではない」ということです。
 PMP®試験の実施方法など、いくつかの点で変わりました。まず、昨年から、自宅での受講が可能になりました。そして、今年から、試験時間、出題数が変わりました。また、一部、出題方法も変わりました(大半は四択ですが・・・)。
 試験の難易度そのものは、変わっていないと思います。それぞれの問題の難易度は下がりました。しかし、試験の前提が、プレディクティブ=予測型(ウォーターフォール)から、アダプティブ=適応型(アジャイル)に代わり、範囲が広がりました。一問一問の難易度が下がった代わりに、範囲がさらに広がった、という印象です。 こうした状況に対応すべく、コンテンツの大幅修正を行いました。さらに、教え方を大きく変更しているため、新コースのリリースが遅くなってしまいました。
 このコースは、
PMBOK® GUIDE、アジャイル実務ガイドを実務に使える形で、全て納得いくまで理解すること
・PMP®合格のコツを理解すること
を、目標にしています。PMP®試験に向けた確実な土台作りです。そのため、ある程度の予習をお願いしています。
 GUIDEに含まれていない、PMP®試験に必要な、様々な事柄についても解説します。
 予習していないと、ついてこられないかもしれません。しかし、弊社のPMP®試験対策系講座は、同一コース再受講無料です。是非、納得いくまで、参加してください(一部だけの出席も可能です。詳しくはメールでお問い合わせ・ご予約ください)。

前提

 受講前に、PMBOK® GUIDE第六版と第七版に、できるだけ目を通し、受講当日、お手元にご用意ください。予習をしておくと、高い効果が得られます。

受講者の声(旧PMP®試験対策(3日版)等を受講された方)

・実務で使える情報を多くいただきました。
・久しぶりに楽しい三日間でした!!
・全体が見えるようになりました。この講義を受けて初めてPMP®の範囲がわかりました。
・知識エリアのつながりとプロセスのつながりが見えてきた。より一つ一つを明確にしていきたい。
・看板に偽りなし。ハードな3日間でした。それだけ充実感もありました。説明を聞きながら「レゴ演習のあの場面のことだな」と連想できた部分が何ヶ所かありました。ガイドに抱いていたイメージが変わりました。以前は「できれば避けたい、文字の多い本」という印象でしたが、そんなに恐れなくてもよいと思いました。練習問題は正解率は57%でした(適当に回答して正解したものは除いています)。初めてにしてはまあまあだと思いましたが、これからまじめに学習しないと合格できないとも思いました。疲れましたが、大変満足した3日間でした。「レゴ」コースとの組合せが推奨されているのも納得できました。事前に受講していて良かったと思いました。ありがとうございました。 また、ガイドに対しての印象が良いほうに変わったのは良かったです。しかし「書いていないこともたくさんあるのだ」ということもわかり、その意味では恐ろしさが増えましたが・・・。(注:レゴ系コースは、中断しています)

受講証明

サードパーティとして、35時間の学習時間証明を発行致します。PMP®受験に利用できます。

銀行振込を希望される方

・法人様など、ある程度の人数をまとめてお申し込みの場合、銀行振込も可能です。請求書が必要な場合、請求書をPDFでお送りします。以下のフォームからご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい!