ドクター最上のリーダーシップ勉強会-1 「うまくいかない状況を知る」

詳細

「皆さんのチームは、うまくいっていますか?」こんにちは!【ドクター最上のリーダーシップ勉強会】、ディレクターの野村です。

この勉強会は、リーダーシップについて、様々なイベントを開催していきます。記念すべき第一回は、「うまくいかない状況を知る」です。
リーダーをめぐる環境には、色々な声があります。今回は、「逆リーダーシップ」「アンチリーダーシップ」とも言うべき、【リーダーシップを無にしてしまう状況】について、取り扱います。

こうした声が聞こえることはないでしょうか?
・(提案に対し)「あ、(興味無いんで)それはやらなくていいです。XXをやってください」
・「先ほどの会議で、社長はXXと言っていましたので、お伝えしておきます」
・「それは我々のチームの問題じゃなく、XXの問題だよ」
これらは、リーダーシップを無にしてしまう発言の典型例です。こうした発言がきかれるところでは、リーダーシップは生じません。指示され、命令されたことをだけきちんとやって、報告だけすればいい、そんな気持ちになってしまいます。こうした状況を、「モノローグ」と呼びます。このモノローグをしっかり理解することで、リーダーシップが生じる状況を、理解することができるようになります

・・・もう、答えは書いてありますね。このモノローグの逆を実行すれば、リーダーシップが生じてきます。

今回のイベントでは、まずは、モノローグについて、知ることを目指します。これからリーダーシップを身に付けなければならない人には、大きなヒントになると思います。全体では3時間を予定していますが、講師の側からは、最低限のことのみ、お伝えします。大半の時間は、ダイアローグを行います。ダイアローグを通じて、気付きを得て、「やってみよう!」を発生させます。

●経緯について
この勉強会は、これまで開催してきたいくつかのクローズドな勉強会を、拡大して、オープンに開催していこう、というものです。今回は初めての開催です。今後は月に一度くらい開催していきたいと思います。皆さん、宜しくお願いいたします。

●コースの主催者と学術的背景について
このコースは、最上 雄太 博士(経営情報学)(株式会社IDEASS)と、野村 隆昌 PMP, PMI-ACP(有限会社システムマネジメントアンドコントロール)が主催します。このコースの学術的な背景は、最上氏の博士論文『シェアド・リーダーシップが発生するメカニズムの質的研究 組織変革チーム「挑戦者の会」のエスノグラフィー』によります。

●対象
本イベントは、事前知識は特に必要ありません。対象年齢は、30歳〜です。これからリーダーになる方からリーダーを育成されている方までご参加頂けます。

●当日
当日は、zoomを使います。配信URLは当日までにPeatix上でお知らせします。また、補助ツールとしてSlack、miroを使います。
疑問点など、いつでもご質問下さい。それでは宜しくお願いいたします。

●ご注意
当日、ダイアローグを行いますので、zoomは、顔出し必須、音声必須となります。

お申し込みはこちらからどうぞ!
  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

Date

8月 26 2022

Time

19:00 - 22:00
QR Code
PAGE TOP